白髪染めで肌荒れに気をつけて!肌が弱い人の対処法

白髪染め 肌荒れただでさえ面倒な白髪染め。好きでしているものではないのですから、できれば手間も時間もかけたくないものですよね。それなのに、白髪染めをするとなんだか痒くなる…。場合によっては肌が荒れたりかぶれたり。

白髪染めをやめるわけにはいかないけれど、このまま続けても大丈夫なものかどうか不安だという人もいるのではないでしょうか?そういった悩みを抱えている方に向けて白髪染めによる肌荒れの危険性と、対処法を詳しく解説していきますね。

白髪染めで肌荒れする人は要注意!

白髪染めで、肌がピリピリするような刺激を感じる人は多いと思います。しかし、たいていの場合、「これは、毛染めのときに当然あるものだ」と流してしまうのではないでしょうか。

しかし、軽いものとはいえ、痛みや刺激を感じるのなら、それは肌がダメージを受けているということ。少なくとも、肌にいい状態ではありません。こういった刺激を感じるものを使い続けていると、場合によっては、湿疹や水膨れをともなうかぶれに発展してしまうこともあるのです。

髪を染める時に頭皮がかぶれる原因

髪を染めるときに頭皮がかぶれるのは、毛染めに対する拒否反応です。すなわち、毛染めの成分に対して、アレルギーをもっているということ。その場合、初めのうちは軽くピリピリする程度で済んでいたとしても、繰り返し同じ成分に触れ続けることでどんどん症状が重くなっていってしまいます。

もしかすると、アナフィラキシーという深刻なアレルギー反応を起こしてしまうかもしれません。アナフィラキシーとは、全身のじんましんや、呼吸困難をともなう重篤な症状。血圧の低下なども起こり、とても危険です。

また、毛染めに対して敏感な人は、染めた後の髪が肌に触れるだけでも刺激を感じることがあります。染めている最中はもちろんですが、染めたあともなんらかの刺激があるようなら、自身のアレルギーを疑ったほうがいいかもしれません。

かぶれは染めている最中だけとはかぎらない

毛染めによるかぶれには、「刺激性接触皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」の二種類があります。このうち、前者の刺激性接触皮膚炎は、染めている最中に頭皮がピリピリしたり、かぶれたりするもの。そのため、毛染めに拒否反応があるのだということがすぐにわかります。

しかし、後者のアレルギー性接触皮膚炎の場合、染めている最中には何事もなく、染め終えて数時間~数日後に突如反応が現れる場合があるのです。もし、肌にかゆみや水泡などがあらわれたとき、最近毛染めを行ったのであれば、その染液が原因かもしれません。皮膚科にかかり、その旨をきちんと伝えるようにしましょう。

アレルギー反応が起こりやすい成分

毛染めでかぶれを起こしたのなら、その原因はたいていの場合酸化染料です。酸化染料はその名のとおり、酸化することで髪に着色をする物質。酸化染料にはパラフェニレンジアミン、フェニレンジアミン、アミノフェノールなどがあります。

この中でもとくにアレルギー反応を起こしやすいのはパラフェニレンジアミン。かゆみやかぶれだけでなく、ときにはアナフィラキシーショックを引き起こすこともあり、海外では呼吸困難に陥った例がいくつも報告されているほどなのです。

白髪染めや毛染めでの頭皮が痛くなる原因や気をつけたいことを、毛染めした時に頭皮が痛い時はスグに中断を!ヒリヒリした時の対処法の記事で更に詳しく解説しています。

髪を染める前にパッチテストは必ずしましょう

白髪染めを使う前には、必ずパッチテストをするようにしましょう。たとえ、いつも同じ商品を使っていたとしても、毎回パッチテストは必要です。なぜなら、前回大丈夫だったからといって、今回も大丈夫だとはかぎらないから。

同じ薬品を使っても、突然アレルギー反応を起こすようになる例はいくつも報告されているのです。また、薬品から受ける影響は、体調等によっても変わります。

パッチテストの方法

パッチテストの方法は、大抵の場合商品の説明書に書いてありますので、その通りにするといいでしょう。また、パッチテストの件だけでなく、使う商品の説明書にはなるべく目を通すようにしたほうがいいですね。

ここでは、一般的なパッチテストの方法を記しておきますので、万一、説明書をなくした場合などの参考にしてください。

パッチテストは髪を染める2日前に行う

白髪染めのパッチテストの場合、24時間、すなわち髪を染める前日に行うように書いてある場合が多いです。もちろん、それでも構わないのですが、アレルギー性接触皮膚炎の場合、症状がもっとも強くあらわれるのは薬品を使用して48時間後だと言われています。

そのため、48時間経過しても一切反応が見られなかった場合、その商品は使用しても大丈夫だといえるでしょう。ただし、二日より前に行ってはいけません。あまり早くパッチテストをやりすぎると、実際の毛染めの日までに体質が変わってしまうおそれはじゅうぶんあるのです。

パッチテストは腕の内側、もしくは太ももで

白髪染めのパッチテストは、腕の内側、もしくは太ももの内側で行うと決められています。これは、できるだけ皮膚の薄いところでパッチテストをしたほうが、きちんとした反応が出るからです。

薬液は10円玉の大きさを目安に

パッチテストは、コットンに薬液を染みこませ、そのコットンを腕に貼り付けるという方法が一般的。薬液の大きさは、10円玉大くらいがちょうどいいです。入浴の際は、ビニールなどを巻いて保護しましょう。

異常があらわれたら、すぐに洗い流して病院へ

パッチテストは、刺激が我慢できるかどうかを見るものではありません。少しヒリヒリするくらいでも、また、何も感じなくても赤くなったのなら、それは薬液に対して反応している証拠。すぐにパッチテストは中止して、痛みやかゆみが強くなるようなら必ず病院へ行きましょう。その際は、使用した商品を持参することを忘れずに。

これまでにかぶれを起こした人はパッチテストもダメ!

今まで白髪染めでかぶれたことのある人は、同じ商品はもちろん、別の白髪染めも使ってはいけません。なぜなら、白髪染めである以上、酸化染料が使われていることにはかわりないから。パッチテストもやめておいたほうが無難です。

パッチテストについて、白髪染めをする前に必ずパッチテストを!しない場合に起こる大惨事の記事で更に詳しく解説しています。

白髪染めをする時に注意したいこと

白髪染めをするときに注意したいのは、なんといってもパッチテストを必ず行うことです。そのほかには、狭い場所や、風通しの悪いところで毛染めを使うのはやめておきましょう。なぜなら、白髪染めには刺激臭をともなうものが多いですから、体調を悪くしてしまいかねないのです。白髪染めは、体調のいいときに、換気をよくして行ってくださいね。

また、自宅ではなく、美容院で白髪染めを行うときに注意したいこととしては、パッチテストを申し出てください。美容院ではパッチテストを行わない場合がほとんどですが、使う薬液や成分に大きな違いがあるわけではありません。美容院に確認をして、あらかじめパッチテストを行うことをおすすめします。

肌が弱い人におすすめの白髪染め

白髪染めにはたくさんの商品がありますが、染毛料である以上、どれも使われている成分は変わりません。なぜなら、酸化染料によって髪に色をつけるという仕組みは同じだからです。

ですから、肌が弱い人はヘアトリートメントを選ぶのがいいでしょう。ヘアトリートメントは、一般的なヘアカラーとは違って、髪の表面に色をつけるタイプの白髪染めです。髪の内部に薬液を浸透させる必要がないぶん、刺激も少ないと言えるでしょう。

中でも、天然成分の利尻ヘアカラートリートメントLPLPヘアトリートメントなどはかぶれの心配も少ないと言えそうです。白髪染めは、これから先も長く使って行くものですから、可能な限り刺激のないものを選びたいですよね。

また、白髪染めといえばヘナ…そう思っている人も多いかもしれませんが、実はヘナは金髪の艶を出すために有効なものでしかありません。

つまり、日本人が使う場合、黒く染めるための成分を配合しなければならず、その実はほかのヘアカラーと変わらないのです。先入観にとらわれず、自分にあった白髪染めの方法を見つけ出すようにしてくださいね。

白髪染めは頭皮に優しいものを選ぶ!

上記でも書いたとおり、髪を染めたときにヒリヒリしたことがある人や、痛みを感じた、肌が荒れたなどがあれば間違いなく通常の白髪染めはやめた方が良いです。

それでも、白髪はどうしても気になってしまいますよね。そんな時は白髪染め用のヘアカラートリートメントを使いましょう!むしろ、当サイトの編集者の私は、美容院なども良いですが常にヘアカラートリートメントを利用することをおすすめしています。

記事内にもある通り、ヘアカラートリートメントは自然のものを使っているものが多いので、頭皮や髪へのダメージがほとんどない商品が多いです。逆に、髪や頭皮に良いものが含まれているものまであります。

では、なぜ私が美容院ではなくヘアカラートリートメントをおすすめしているかと言うと、まず髪や頭皮にダメージがないこと。そして、毎日でもトリートメントとして染めることができるので、白髪の根元が伸びてきても一切気にならなくなったことが大きなメリットです。

美容院の場合だと、しっかり白髪を染めたとしても、次に美容院へ行くまでの3週間から1ヶ月程度の間に必ず根元の白髪が目立ってしまいますよね。その間の期間の周りの視線が女の私にとってすごく気になってしまうのです。

それが、毎日のように白髪が染まっていれば一切周りの視線などは気にならなくなります。それができるのはヘアカラートリートメントだけなんです。

そこで、もう悩まない!【白髪染め】本当におすすめできるランキング!の記事でも書いていますが、私が実際に使ってみて良かったものや、今でも使い続けている白髪染め用のヘアカラートリートメントがあるので、髪の根元が見られていないか毎日不安になっているアナタにぜひ使ってみて気持ちを晴れやかにしてもらいたいと思っています♪

実際に使用してわかった!
ヘアカラートリートメントおすすめランキング

利尻ヘアカラートリートメント
白髪染め
ヘアカラートリートメントの先駆けの商品がこの利尻ヘアカラートリートメント。名前の通り、利尻昆布を使用した天然由来の成分なので、頭皮が弱い人でも安心して使うことができます♪

【私が使ってみた感想】
利尻ヘアカラートリートメントは、実際の調査でリピート率も6割~7割とかなり高い商品なだけあって、染める力や染めた後の髪のしっとり感が他とは全く違います。ヘアカラートリートメントの中では群を抜いて、人気の商品です。髪や頭皮への優しさもありながら、一番重要な白髪を染める力が充分にあるので安心して使うことができます。ちなみに、この利尻ヘアカラートリートメントが私がずっと何年も使い続けている商品です。商品の購入は楽天やamazonよりも公式サイトからの購入が一番安く手に入りますよ♪

容量200ml
色の種類ライトブラウン
ナチュラルブラウン
ダークブラウン
ブラック
価格3,240→2,160円(税込)
初回お試し価格
総合評価染まりやすさ
染める時間
頭皮への優しさ
>> 利尻ヘアカラートリートメント公式サイトへ
>> 商品の詳細を見る
ヘアカラートリートメント LPLP(ルプルプ)
ヘアカラートリートメントでは、圧倒的こちらも人気の商品です。楽天でもずっと白髪染めの中で1位の評価を得ている人気商品。まだヘアカラートリートメントを使ったことがない方は、当サイトからの購入で初回限定価格(楽天にはありません)での購入ができます。更には、全額返金保証が付いているのも、ヘアカラートリートメントを利用したことがないなど、不安な方からすると安心できますよね。

【私が使ってみた感想】
ルプルプは以前、私が使っていたヘアカラートリートメントです。手で直接触れても問題ないくらい頭皮にも優しいし、色づきもトリートメント感覚で染めていれば、全く白髪が気にならなくなるので◎。ヘアカラートリートメントを使ったことがなくて、まだ不安がある方は、返金保証の付いているルプルプを選んでみても良いかもしれないですね。

容量200ml
色の種類ダークブラウン
モカブラウン
ブラウン
ソフトブラック
価格3,240円→1,980円(税込)
初回限定価格(全額返金保証付き!)
総合評価染まりやすさ
染める時間
頭皮への優しさ
>> LpLp公式サイトへ
>> 商品の詳細を見る
POLA グローインショットヘアカラートリートメント
大手化粧品会社から発売されたグローインショットヘアカラートリートメント。短い時間では色が付きにくいと言われているヘアカラートリートメントでしたが、短い時間でも染まるというのが売りの商品です。

【私が使ってみた感想】
まだ発売されてから間もない新商品でしたが、良いものをどんどん知りたいという気持ちだったので、早速使ってみました。ヘアカラートリートメントなのに、染める時間もかからないし、白髪染め独特の匂いも、全くなくてむしろ、ふんわり爽やかな香りがして好印象です。ただ、一番重要な染める力に関しては、利尻ヘアカラートリートメントと比較してしまうと、やはりこっちの方が染める力は劣ってしまうかなぁという実感でした。

容量200ml
色の種類ブラック
ブラウン
価格3,132円(税込)
総合評価染まりやすさ
染める時間
頭皮への優しさ
> グローインショット公式サイトへ
>> 商品の詳細を見る
「根元を見ないで!」そんな心配していませんか?

白髪染め おすすめ ランキング今の白髪染めで満足していますか?白髪染めを定期的に行っても、次の白髪染めまで根元が気になってしまう・・・。

そんな心配ばかりでは心も晴れやかになりませんよね。

そんな心配を解決する方法はちゃんとあります。20代に白髪に悩んできた私もこれで一切気にならなくなりました♪

おすすめ白髪染めランキング

 

関連記事

白髪 多い

まだ20代30代なのに白髪が多い原因は?その原因は習慣にあるかも

白髪 根元だけ染める

自宅でできる!白髪染めを根元だけキレイに染める方法!

白髪 分け目

白髪は分け目が目立つ!生え際や分け目を目立たなくする方法

白髪 手入れ

白髪が生えた時の手入れはやっていますか?正しい手入れ方法

白髪染め 皮膚

白髪染めが皮膚に付着して取れない!そんな時の対処法

白髪 30代

白髪は30代から増えてくる!30代に多い白髪の原因