白髪にしない!増やさない!白髪ケアの正しい方法

白髪 ケア白髪が生えてくると、どうしてもまず、それを隠したり、目立たないようにすることを考えてしまいますよね。本当は、もっと根本的なこと、たとえば、これ以上白髪を増やさないように髪の健康を保ったり、その手段を調べたりしたいけれど、そんな時間や余裕はなかなかとれない。そのため、仕方なく白髪染めを使うだけにとどまっているという人も多いのではないでしょうか。

ですが、それは、白髪を増やさないようにするのは手間やお金、時間がかかるというイメージがあるからですよね。実は、白髪の予防やケアはもっと手軽にできるものなのです。

白髪のケア方法

白髪は、一時的に生えてきたものならなんらかの拍子にまた黒く戻ることもありますが、大抵の場合はそうではありません。しかし、きちんとしたケアをすれば、今以上に増やさなくすることは充分可能なのです。もちろん、まだ白髪が生えていないときから同じことを行えば、白髪の予防になりますよ。

まずは体の内側からのケア

髪のケアだからといって、直接、頭皮や髪になにかを施すばかりではありません。特に白髪の場合、その原因や仕組みを考えれば、見直すべきところ、正すべき部分はとても多岐にわたるのです。

栄養のあるもの・白髪、頭皮に良いものを摂る

髪にいい食べ物といえば海藻…そんなイメージをもっている人も多いのではないでしょうか。これは確かにそのとおりで、海藻に含まれるフコダインという成分は髪の成長に不可欠。

髪の主成分はタンパク質ですが、食べ物から摂取したタンパク質を髪に生かすためには、ヨウ素が必要なのです。ヨウ素といえば、海藻に多く含まれている成分ですよね。

ただし、海藻だけを摂取しても意味はなく、たとえば、髪に生かすためのタンパク質を多く含む食品も一緒に摂らなければなりません。また、頭皮の健康を保ってくれるのはビタミンB郡ですから、こちらも合わせて摂取したいですね。

頭皮や髪の健康を整えたら、次に欠かせないのはミネラルです。なぜなら、髪を黒くするメラニン色素を作り出すのはメラノサイトという細胞なのですが、このメラノサイトを働かせるチロシナーゼという酵素は、ミネラルによって活発化するから。つまり、いくら頭皮が健康でも、ミネラルが不足していては、色素の元となるものが得られないのです。

とはいえ、ミネラルやビタミンB群だけを意識して摂ればいいというわけではなく、基本的にはバランスのとれた食事を心がければ大丈夫。そうしなければ、身体のほかの部分に必要な栄養が不足してしまうかもしれません。

白髪に良いとされる栄養について、もう増やさない!白髪予防に良い栄養が摂れる食べ物の記事で更に詳しく解説しています。

睡眠時間・生活習慣を見直す

髪は、睡眠中に成長します。つまり、髪のケアを行っても、先ほど述べたような食事をしたとしても、睡眠時間が足りなければそれは充分に生かされないということ。

かつては、PM22時~AM2時のゴールデンタイムの間に眠ることが推奨されていましたが、現在では、時間帯はあまり関係ないという説が有力です。ただし、たっぷり睡眠時間が必要であることはかわらず、できれば、就寝時間と起床時間を毎日同じにすることが推奨されています。

タバコをやめる

タバコを吸うと、体内のビタミンB12やビタミンCが破壊されることがわかっています。
ビタミンBといえば、頭皮の健康を保つために必要な栄養ですよね。それが破壊されるのですから、これだけでも髪には良くないことがわかるのですが、もう一つ、ビタミンB12には、メラノサイトの働きをよくする効果もあるのです。

メラノサイトといえば、メラニン色素を生み出すとても重要な細胞。今よりも白髪を増やさないためには、ぜひとも活発でいてほしいところです。そして、ビタミンB12とともに破壊されてしまうビタミンCですが、こちらには、過酸化水素を分解してくれる働きがあります。

過酸化水素とは、活性酸素の一つ。活性酸素は体内の老化につながるものですから、当然、白髪を発生させる原因にもなる物質です。喫煙すると、せっかくそれを分解してくれるビタミンCを壊してしまうのです。

身体の外側からのケア

身体の外側にも、もちろんケアするべきポイントはたくさんありますよ。どれも、今日から取り入れることのできる、ちょっとしたことです。

運動をする・血行を良くする

白髪のケアのためには、血行はとても大事です。なぜなら、すでに述べたとおり、チロシナーゼが活発化するためにはミネラルが必要だから。摂取したミネラル分は、血液によって頭皮、髪へと送られるので、血行不良だと栄養が送られず、チロシナーゼが活発化しないのです。

これは、白髪を作る原因にもなることもあるくらいの状態ですから、どうしても避けたいですよね。そのほか、バランスのとれた食事をして摂取した栄養を、きちんと頭皮に送るためにも、血行は重要なのです。

血行を良くするためには、身体を冷やさないこと等も大事ですが、運動不足にも注意しなくてはなりません。なぜなら、運動不足は筋肉の衰えにつながるから。筋肉の力が弱くなると、血液を送り出す力も弱くなり、血行不良になってしまうのです。

シャンプー時に頭皮マッサージをする

頭皮の筋肉を揉みほぐし、血行を良くするためには、直接マッサージするのが一番です。
もちろん、専門家の施術を受けたほうが効果はあるでしょうが、自身で行うマッサージでも充分です。自身で行う場合は、シャンプー時が手軽でおすすめですよ。

髪を洗う前にブラッシングする

髪は、乾いているときよりも、濡れているときのほうがダメージを受けやすいです。ですから、シャンプー中に絡まないように、お風呂に入る前にしっかりとブラッシングしておきましょう。

まずはお湯だけでマッサージ

シャンプーをする前に、お湯で充分に髪を濡らします。38度くらいのぬるめのお湯を頭皮にかけながら、指の腹でやさしく頭皮をもみほぐしましょう。イメージとしては、髪全体をお湯に濡らすように指を髪の間に通したり、髪をまとめて頭の上に乗せ、お湯をかけながら軽く手のひらで揉み込んだり。

シャンプーマッサージ

シャンプーはあらかじめよく泡立ててから髪になじませましょう。洗っている最中のマッサージは、額の上、髪の生え際あたりに両手の指を当て、頭頂部に向かって指を細かくくるくると回すように上げていきます。

その後、横、耳のあたりから頭頂部に向けて、首の後ろから頭頂部に向けて、と、前後左右から、頭頂部に向けて指をくるくると回してマッサージするといいでしょう。このとき、あまり力を入れすぎないことと、爪を立てないように注意してくださいね。

すすぎは充分行う

シャンプーが終わったら、もう一度、すすぎのときにもマッサージをしましょう。やりかたは、シャンプーマッサージと同じように、頭頂部に向けて両手の指を細かくくるくると回していきます。シャンプーが残らないよう、充分にすすいでくださいね。

白髪染めの種類を見直す

白髪を目立たなくするためには、どうしても使わざるを得ないのが白髪染めですよね。ですが、カラーリングには酸化染料が入っているため、髪にはあまりよくありません。場合によっては、白髪染めのせいで白髪が増えるということになってしまうでしょう。

できるだけ髪を傷めないようにするためには、ヘアカラーよりもヘアカラートリートメントがおすすめ。特に、天然成分の利尻ヘアカラートリートメントLPLPヘアトリートメントなどは、頭皮への刺激やかぶれの心配なども少ないようです。

白髪のケアをしているつもりが、実は白髪を増やしていた……そんなことになったら後悔してもしきれませんよね。白髪は、正しいケアさえしていれば、発生を遅らせたり、増やさないようにしたりできるもの。ぜひ、今日から生活習慣や食事メニューに取り入れてみてくださいね。

黒髪に戻したいなら頭皮や髪を傷めない白髪染めを!

一度白髪になってしまうと、黒髪に戻りにくいということは上記の記事内でも書いてきました。だからと言って簡単にはあきらめられないですよね。

黒髪に戻るまでの間にも、アナタは白髪が生えていると周りに視線も気になってしまうので白髪染めをしていると思います。でも、その白髪染めをすることで頭皮や髪にダメージを与えていませんか?

ここでギクッとしたなら、今の白髪染めに思い当たることがあるのでしょう。もし、本当に黒髪に戻したいと思っているのであれば、正しい白髪染めを選んだほうが良いです。

では、正しい白髪染めとは何でしょうか?20代の頃から白髪に悩んでいた私(現在35歳)が考える正しい白髪染めの選び方の基準はこうです。

  • ちゃんと白髪が染まること
  • 頭皮や髪にダメージがないこと
  • 日が経っても根元が気にならないこと

この3つを満たしてくれるのが、正しい白髪染め選びだと思っています。でも、白髪染めをするのに、「髪や頭皮にダメージがないものってあるの?」って思いますよね。それが若いときから白髪に悩んでいた私が見つけたものがあります。

それは白髪染め用のヘアカラートリートメントです。なぜ私が美容院ではなくヘアカラートリートメントをおすすめしているかと言うと、当然先ほどの選ぶ基準でも書いたように、髪や頭皮にダメージがないこと。

そして、毎日でもトリートメントとして染めることができるので、白髪の根元が伸びてきても常に染めれるので一切気にならなくなったことが大きなメリットです。

美容院の場合だと、しっかり白髪を染めたとしても、次に美容院へ行くまでの3週間から1ヶ月程度の間に必ず根元の白髪が目立ってしまいますよね。その間の期間の周りの視線が女の私にとってすごく気になってしまうのです。

それが、毎日のように白髪が染まっていれば一切周りの視線などは気にならなくなります。それができるのはヘアカラートリートメントだけなんです。

そこで、もう悩まない!【白髪染め】本当におすすめできるランキング!の記事でも書いていますが、私が実際に使ってみて良かったものや、今でも使い続けている白髪染め用のヘアカラートリートメントがあるので、髪の根元が見られていないか毎日不安になっているアナタにぜひ使ってみて気持ちを晴れやかにしてもらいたいと思っています♪

実際に使用してわかった!
ヘアカラートリートメントおすすめランキング

利尻ヘアカラートリートメント
白髪染め
ヘアカラートリートメントの先駆けの商品がこの利尻ヘアカラートリートメント。名前の通り、利尻昆布を使用した天然由来の成分なので、頭皮が弱い人でも安心して使うことができます♪

【私が使ってみた感想】
利尻ヘアカラートリートメントは、実際の調査でリピート率も6割~7割とかなり高い商品なだけあって、染める力や染めた後の髪のしっとり感が他とは全く違います。ヘアカラートリートメントの中では群を抜いて、人気の商品です。髪や頭皮への優しさもありながら、一番重要な白髪を染める力が充分にあるので安心して使うことができます。ちなみに、この利尻ヘアカラートリートメントが私がずっと何年も使い続けている商品です。商品の購入は楽天やamazonよりも公式サイトからの購入が一番安く手に入りますよ♪

容量200ml
色の種類ライトブラウン
ナチュラルブラウン
ダークブラウン
ブラック
価格3,240→2,160円(税込)
初回お試し価格
総合評価染まりやすさ
染める時間
頭皮への優しさ
>> 利尻ヘアカラートリートメント公式サイトへ
>> 商品の詳細を見る
ヘアカラートリートメント LPLP(ルプルプ)
ヘアカラートリートメントでは、圧倒的こちらも人気の商品です。楽天でもずっと白髪染めの中で1位の評価を得ている人気商品。まだヘアカラートリートメントを使ったことがない方は、当サイトからの購入で初回限定価格(楽天にはありません)での購入ができます。更には、全額返金保証が付いているのも、ヘアカラートリートメントを利用したことがないなど、不安な方からすると安心できますよね。

【私が使ってみた感想】
ルプルプは以前、私が使っていたヘアカラートリートメントです。手で直接触れても問題ないくらい頭皮にも優しいし、色づきもトリートメント感覚で染めていれば、全く白髪が気にならなくなるので◎。ヘアカラートリートメントを使ったことがなくて、まだ不安がある方は、返金保証の付いているルプルプを選んでみても良いかもしれないですね。

容量200ml
色の種類ダークブラウン
モカブラウン
ブラウン
ソフトブラック
価格3,240円→1,980円(税込)
初回限定価格(全額返金保証付き!)
総合評価染まりやすさ
染める時間
頭皮への優しさ
>> LpLp公式サイトへ
>> 商品の詳細を見る
POLA グローインショットヘアカラートリートメント
大手化粧品会社から発売されたグローインショットヘアカラートリートメント。短い時間では色が付きにくいと言われているヘアカラートリートメントでしたが、短い時間でも染まるというのが売りの商品です。

【私が使ってみた感想】
まだ発売されてから間もない新商品でしたが、良いものをどんどん知りたいという気持ちだったので、早速使ってみました。ヘアカラートリートメントなのに、染める時間もかからないし、白髪染め独特の匂いも、全くなくてむしろ、ふんわり爽やかな香りがして好印象です。ただ、一番重要な染める力に関しては、利尻ヘアカラートリートメントと比較してしまうと、やはりこっちの方が染める力は劣ってしまうかなぁという実感でした。

容量200ml
色の種類ブラック
ブラウン
価格3,132円(税込)
総合評価染まりやすさ
染める時間
頭皮への優しさ
> グローインショット公式サイトへ
>> 商品の詳細を見る
「根元を見ないで!」そんな心配していませんか?

白髪染め おすすめ ランキング今の白髪染めで満足していますか?白髪染めを定期的に行っても、次の白髪染めまで根元が気になってしまう・・・。

そんな心配ばかりでは心も晴れやかになりませんよね。

そんな心配を解決する方法はちゃんとあります。20代に白髪に悩んできた私もこれで一切気にならなくなりました♪

おすすめ白髪染めランキング

 

関連記事

白髪染め 匂い

白髪染めは匂いがキツい!?気になる人の対処法

白髪 漢方

白髪は漢方で改善する!?白髪改善に役立つ漢方まとめ

白髪 コンシーラー

忙しい人は必見!白髪隠しにはコンシーラーを使えば簡単に♪

白髪 真っ白

頭が短期間で白髪で真っ白になることはある?急激なストレスとの関係

白髪 30代

白髪は30代から増えてくる!30代に多い白髪の原因

白髪染め 残りはとっておける

白髪染めの残りは取っておけるものを選ぶ!とっておけるオススメはコレ!