これで若返り!白髪が目立ちにくいカラーリング方法

白髪 カラーリング『白髪を染めても染めても、すぐに目立ってしまって辛い…。』

白髪を染めるとき、「どうすれば白髪が目立たずにできるかな…」と悩んでいませんか?白髪を染めるとき一番重要なのは、白髪を目立たないようにすること。まずはこれが一番ですよね。

白髪染めが必要な状態では、髪の色を明るくできないとか、おしゃれを楽しめないと思っているのなら、それは大間違い。むしろ、白髪だからこそ映えるカラーもあり、おしゃれを楽しむ要素はたくさんあります。

もし、あなたが街でおしゃれなカラーリングを楽しんでいる人を見て、「自分もあんなふうにしてみたいなぁ」と思ったことがあるのなら、迷うことはありません。ぜひ、白髪が目立たない、かつ、おしゃれなカラーリングを楽しみましょう。

白髪を目立たなくするカラーリング

まず、大事なこととしては、おしゃれをするからといって、おしゃれ染めを選ばないこと。白髪は白髪染めでしか染まりません。成分内容としてはおしゃれ染めも白髪染めも同じなのですが、成分の割合やバランスが違い、おしゃれ染めは髪の色を抜く成分が強いのに対し、白髪染めは着色に比重が置かれているのです。

つまり、白髪におしゃれ染めを使っても、着色はほとんどされないということ。もちろん、白髪染めにも黒色から明るい茶色までさまざまなカラーがあるので、おしゃれを楽しむ上で不自由することはないでしょう。

根本は濃く毛先にかけてグラデーション

根元が暗く、毛先にかけてだんだん明るくなっていくグラデーションカラーはおしゃれの定番となっていますね。根元は暗いので、髪をまとめれば黒髪のように見え、職場でも悪目立ちしないというメリットもあります。

しかし、一番のメリットは、毛先に行くほど明るい髪型ですから、伸びても根元だけを染めればいいという手軽さではないでしょうか。

グラデーションカラーに染めるときは、まず軽く髪全体を染め、その後根元から髪の7割ほどの長さまでを染め、次いで5割ほどまでを染め、最後に根元だけをもう一度染める、と、何段階かにわける方法が簡単です。

何回にわけるかは、髪の長さによって変えるといいでしょう。一般的にロングヘアを思い浮かべがちなグラデーションカラーですが、ミディアムヘアでも、ショートヘアでもおしゃれな仕上がりになりますよ。

自分で行うのが不安な場合は、美容院でキレイに行ってくれるので、一度相談してみてくださいね。

メッシュっぽい明るめの色で白髪をぼかす

メッシュとは、髪の中にいくつか明るい髪の筋(束)を作ることです。白髪の部分を地の髪よりも明るい色で染めれば、まるでメッシュのようなおしゃれな髪型になりますよ。

この髪型のメリットは、白髪が出てきてしまっても、まるでメッシュの一部のように溶け込んで見えること。場合によっては、よりおしゃれな感じが出せるでしょう。

メッシュに染めるときは、白髪を含めた髪の束を作り、その部分だけ明るめの色でカラーリングすること。当然黒い部分は染まりませんが、気にしなくても大丈夫です。もし、白髪の数が少ないようなら、先に黒い部分をブリーチしてから色を入れる方法もありますが、これはあまりおすすめできません。

なぜなら、重ねてのカラーリングは髪が痛むからです。どうしても黒い部分の色を抜いてからメッシュを入れたい場合は、先にブリーチし、2週間~一ヶ月ほど時間を置いてから色を入れるようにしてください。

白髪染めでは、なかなか明るい色を染めにくいと言われていますが、白髪を明るく染める方法については、白髪でも明るく染めたい!その悩みにお答えしますの記事で詳しくご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

ハイライトを活用すると目立ちにくい

ハイライトカラーといえば、別名外国人風カラー、3Dカラーとも言われるくらい、人気の高まっている髪色。実はこのハイライトカラー、白髪を目立たなくする効果もあるのです。

なぜなら、ハイライトカラーとは、筋状に明るい色を入れていくカラーリング方法だから。そのため、白髪があっても、ハイライトの部分にまぎれたり、ハイライトの一種のように見えたりしてほとんど目立たないのです。

ハイライトヘアにする場合は、白髪の存在は気にしないほうがいいでしょう。すなわち、黒髪(もしくはそのときの地の色)よりも明るい色の筋をいくつか入れるという、通常のカラーリング方法で充分です。それだけで、白髪は上手くまぎれてくれるはず。

それどころか、白髪の存在のおかげでハイライトにグラデーションが生まれて、よりおしゃれに見えるかもしれませんね。冒頭で、白髪をカラーリングするためにはおしゃれ染めではなくて白髪染めを使う旨をお知らせしましたが、このハイライトカラーに限ってはおしゃれ染めを選びましょう。

こまめに根元のリタッチをしていく

せっかくおしゃれなヘアスタイルにするのですから、忘れずにいたいのが根元のケア。特にグラデーションヘアなどは根元が暗く、毛先が明るいスタイルですから、白髪が伸びてきたら目立ってしまいます。

中には白髪が目立たない、むしろ白髪があることでより素敵に見えるヘアスタイルもあるかもしれませんが、それが、染めるのが面倒でほうったらかしているという状態ならあまりよくありません。

そんなときに役立つのが白髪染め用のヘアカラートリートメンです。これは、トリートメント感覚で染めることができる上に、肌や髪にも優しいので気になる根元を染める方法としてはかなり役に立ちます。

後ほど、白髪染め用ヘアカラートリートメンについても詳しく紹介していきますね♪

白髪のカラーリングの頻度

白髪は、伸びてきたら、目立ってきたら、というタイミングでケアをすることが多いと思います。しかし、おしゃれなヘアスタイルにした場合もそれでいいのでしょうか。

せっかく素敵な髪型にしたのですから、ケアもきちんとしたいですよね。とはいえ、カラーリングは髪へのダメージも心配。根元はともかく、髪全体のカラーリングはどれくらいのペースがいいのでしょうか。

結論から言うと、白髪染めの理想ペースは二ヶ月に一度。どうしても気になる場合でも、月に一度にとどめたほうがいいようです。

それでは、かなり白髪が目立ってしまうのでは…と思うかもしれませんが、これは全体的なカラーリングの場合なので心配しなくても大丈夫。二ヶ月に一度髪を染めたら、あとはその都度、気になるところに部分染めを使っていきましょう。

自宅でカラーリングする時の注意点

白髪を目立たなくするおしゃれなヘアスタイルで紹介したカラーリングは、すべて自宅でも可能です。もちろん、美容室に行ってもいいですし、仕上がりに自信がない人はそのほうがいいかもしれません。

また、一番最初だけ美容室で染めてもらい、あとは自分で部分染めをしながらヘアスタイルをキープしていくという方法もあります。では、すべて自分で行う場合、どこに注意すればいいのでしょうか。そのコツは、大きくわけて二つあります。

一つは、市販の薬液の目安量は少なく見積もること。市販の白髪染めは、美容室で行う場合に比べて薬液が少なくなっています。そのため、ミディアムヘア用はショートヘア、ロングヘア用はミディアムヘアに適していると考えましょう。

そうでなければ、足りない量の薬液を無理に髪全体に伸ばさなければいけなくなり、思うように染まらなかったり、ムラができたりしてしまうのです。

もう一つは、白髪染めをヘアカラートリートメントにすること。白髪染め用のヘアカラートリートメントは自然由来で作られているものも多く、トリートメントなので肌や髪にも優しいので、染める頻度が多くても問題ありません。

また、他にも白髪染め用のヘアカラートリートメントを使うメリットがあります。

  • 頻繁に根元を染めることができる
  • 肌や髪に優しい
  • 余った薬剤でもトリートメントとしても使えるので置いておける

上記のメリットの中で一番嬉しいのは、頻繁に染めることができること。しかも、トリートメントなので、お風呂場でトリートメント感覚で染めることができるので、大きな手間もかかりません。

なぜ、頻繁に染めることができるのが大きなメリットかは、白髪で悩んでいるアナタならわかりますよね。そう。

「根元はすぐに伸びて目立つから!!」

白髪で悩んでいるアナタも含め、白髪の一番つらいところは、根元がすぐに伸びて白く目立ってしまう上に、髪が痛む事を考えると頻繁に染めることができない事。

この一番つらい状況を打破できるのは、白髪染め用ヘアカラートリートメンなのです。もちろん、全体染めにも使えますし、根元だけ常に染めたければ毎日のように使うことも全く問題ありません。

ただ、白髪染め用トリートメントは筆者の私も白髪に若い時から悩んでいたので、数多く使ってきましたが、実際に染まりにくい物も多くありました。

だからこそ、白髪に悩んでいるアナタへ買ってから後悔してほしくありませんし、頭のてっぺんを見られているその視線の辛さから開放されて欲しいという、私も味わってきたその思いがあるので、今や過去に私が使ってきて良かったものを紹介していきます♪

おすすめの白髪染め

当サイト編集者の私も、20代のころ(現在35歳)から白髪に悩んでいました。白髪を美容院で染めていたときも、次の美容院へ行くまでの3週間から1ヶ月は根元が伸びて白髪が周りにバレていないかすごく不安でした。

そんなときに出会ったのが白髪染め用のヘアカラートリートメントです。ヘアカラートリートメントは染める力が弱いと思われていることもありますが、商品を間違えなければ全くそんなことはありません。

むしろ、日々のトリートメント代わりに使うことができるので、美容院へ行かなくても常に白髪を染めることができて、

「根元が伸びてきているから周りに見られていないか心配・・・」

という不安さえなくなります。白髪で悩んでいる私やアナタにとってその不安がなくなるのはすごく嬉しいことではありませんか?それを叶えてくれるのが白髪染めヘアカラートリートメントなんです。

そこで、もう悩まない!【白髪染め】本当におすすめできるランキング!の記事にも書いていますが、私が実際に使ってみて良かったものや、今でも使い続けている白髪染め用のヘアカラートリートメントがあるので、髪の根元が見られていないか毎日不安になっているアナタにぜひ使ってみて気持ちを晴れやかにしてもらいたいと思っています♪

実際に使用してわかった!
ヘアカラートリートメントおすすめランキング

利尻ヘアカラートリートメント
白髪染め
ヘアカラートリートメントの先駆けの商品がこの利尻ヘアカラートリートメント。名前の通り、利尻昆布を使用した天然由来の成分なので、頭皮が弱い人でも安心して使うことができます♪

【私が使ってみた感想】
利尻ヘアカラートリートメントは、実際の調査でリピート率も6割~7割とかなり高い商品なだけあって、染める力や染めた後の髪のしっとり感が他とは全く違います。ヘアカラートリートメントの中では群を抜いて、人気の商品です。髪や頭皮への優しさもありながら、一番重要な白髪を染める力が充分にあるので安心して使うことができます。ちなみに、この利尻ヘアカラートリートメントは何年も前から私がずっと何年も使い続けているイチオシ商品です。商品の購入は楽天やamazonよりも公式サイトからの購入が一番安く手に入りますよ♪

容量200ml
色の種類ライトブラウン
ナチュラルブラウン
ダークブラウン
ブラック
価格3,240→2,160円(税込)
初回お試し価格
総合評価染まりやすさ
染める時間
頭皮への優しさ
>> 利尻ヘアカラートリートメント公式サイトへ
>> 商品の詳細を見る
ヘアカラートリートメント LPLP(ルプルプ)
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント
ヘアカラートリートメントでは、圧倒的こちらも人気の商品です。楽天でもずっと白髪染めの中で1位の評価を得ている人気商品。まだヘアカラートリートメントを使ったことがない方は、当サイトからの購入で初回限定価格(楽天にはありません)での購入ができます。更には、全額返金保証が付いているのも、ヘアカラートリートメントを利用したことがないなど、不安な方からすると安心できますよね。

【私が使ってみた感想】
ルプルプは以前、私が使っていたヘアカラートリートメントです。手で直接触れても問題ないくらい頭皮にも優しいし、色づきもトリートメント感覚で染めていれば、全く白髪が気にならなくなるので◎。ヘアカラートリートメントを使ったことがなくて、まだ不安がある方は、返金保証の付いているルプルプを選んでみても良いかもしれないですね。

容量200ml
色の種類ダークブラウン
モカブラウン
ブラウン
ソフトブラック
価格3,240円→1,980円(税込)
初回限定価格(全額返金保証付き!)
総合評価染まりやすさ
染める時間
頭皮への優しさ
>> LpLp公式サイトへ
>> 商品の詳細を見る
POLA グローインショットヘアカラートリートメント
大手化粧品会社から発売されたグローインショットヘアカラートリートメント。短い時間では色が付きにくいと言われているヘアカラートリートメントでしたが、短い時間でも染まるというのが売りの商品です。

【私が使ってみた感想】
まだ発売されてから間もない新商品でしたが、良いものをどんどん知りたいという気持ちだったので、早速使ってみました。ヘアカラートリートメントなのに、染める時間もかからないし、白髪染め独特の匂いも、全くなくてむしろ、ふんわり爽やかな香りがして好印象です。ただ、一番重要な染める力に関しては、利尻ヘアカラートリートメントと比較してしまうと、やはりこっちの方が染める力は劣ってしまうかなぁという実感でした。

容量200ml
色の種類ブラック
ブラウン
価格3,132円(税込)
総合評価染まりやすさ
染める時間
頭皮への優しさ
> グローインショット公式サイトへ
>> 商品の詳細を見る
「根元を見ないで!」そんな心配していませんか?

白髪染め おすすめ ランキング今の白髪染めで満足していますか?白髪染めを定期的に行っても、次の白髪染めまで根元が気になってしまう・・・。

そんな心配ばかりでは心も晴れやかになりませんよね。

そんな心配を解決する方法はちゃんとあります。20代に白髪に悩んできた私もこれで一切気にならなくなりました♪

おすすめ白髪染めランキング

 

関連記事

白髪 突然 急に

白髪が急に増えた!?突然増えた時の原因と対処法

白髪 亜鉛

白髪は亜鉛で改善できる!?亜鉛と髪の毛の関係

白髪 薬 副作用

白髪の原因に薬の副作用はある?どんな薬が影響する?

白髪 真っ白

頭が短期間で白髪で真っ白になることはある?急激なストレスとの関係

白髪染め 肌荒れ

白髪染めで肌荒れに気をつけて!肌が弱い人の対処法

白髪 20代

白髪が20代でできるのは早い!?若白髪の原因と対策