白髪でも明るく染めたい!その悩みにお答えします

白髪 明るく白髪はあるけど、もっと髪を明るくしたい!今までずっと茶色のカラーを入れてきて、黒髪だと重たい印象になってしまう…。白髪があっても明るいカラーリングでおしゃれな印象を作りたい!と思っている方は多いと思います。

白髪染めでは、明るくカラーリングすると失敗する人が多いとよく耳にします。それは、黒髪がなかなか明るく染まらなかったり、今までの製品では白髪染めが髪にダメージが大きかったため髪を痛めて髪がゴワゴワになってしまったり、「ヘナ」などで染めてしまうと髪を明るくできなかったりなど、明るく染めたかったのに失敗してしまう…というイメージがあるからかもしれません。

自宅でも明るい色でキレイにカラーリングしたい!という方のために、どんな方法なら白髪でも明るい色に染まるのかをご紹介していきますね。

白髪染めは明るく染めにくい!

先に言ってしまうと、プロの美容師さんでも、白髪染めで明るい色にカラーリングすることは非常に難しいと言われています。なぜなら、白髪と黒髪の「2色を同時に」染めることはプロでも大変難しいから。

白髪染めで悩んでいる方は、ほとんどの方が白髪と黒髪が混じった状態の方が多いので、その2色を均一のトーンで染めるということが非常に難しいのです。その理由からまず詳しく説明していきますね♪

白髪が明るく染めづらい理由

この2色を同時に染めることが難しい根本的な理由は、絵の具のパレットを想像していただけると分かりやすいかと思います。色というのはどうしても暗い色が強いため、何色を足しても最強色である「黒」が勝ってしまうんですね。

黒に勝つためには脱色するなどして、黒色を抜く必要がありますが、白髪染めとは脱色機能が低いため、基本的に白髪が黒髪に近づいていくように配合されているものがほとんどなんですよ。

通常のカラーリングは特に染まらない

通常のカラーリングでは、なかなか明るく染められない理由に先ほど取り上げた「脱色力」があります。白髪染めでは、黒髪を脱色する力は少なく、白髪に色素をつけることを優先しているものがほとんど。つまり、白髪を黒髪に近づけることはできても、黒髪自体を明るくする要素が少ないんですね。

逆におしゃれ染め(黒髪用のカラーリング)では、黒を脱色する力が強いため、黒をまず抜くことで髪に当然明るい色味をつけることができます。脱色力は強いものの、それと同時に白髪に色素をつけることが難しいため、白髪がある方にはおしゃれ染めしても白髪だけ染まらないということがあるのはこれが原因なんですね。

白髪染めではおしゃれ染めほどに明るい色を出せるカラー剤は少ないというのはこのためですが、自宅でも白髪染めで明るい色に染める方法があるんです!それをご紹介してきますよ!

白髪 根元だけ染める
もしも多くの白髪が見つかった時、それを目立たなくさせる為にも白髪染めをすることで綺麗な色に染め上げることが出来ますよね。ただ、問題なのが1ヶ月ほ...

自宅でも白髪染めで明るい色に染める方法

非常に難しいと伝えてきた白髪でも明るい色に染める方法ですが、今はたくさんの優秀商品があり、自宅でもうまく染める方法があるのです! 自宅でカラーリングするメリットは、美容院よりも1/3ほどの料金でできて経済的なこと。

また、美容院では1〜2時間もかかるところを最短で30分くらいでできてしまうこと。これらの時間的・経済的にお得!ということがメリットであると言えますよね。もちろん、キレイに染められるのは美容院が圧倒的に有利ですが、コツさえ掴めば自宅でも上手に染めることができるようになります!

そして、市販の明るい白髪染めよりもう少しだけしっかり明るい色に染めたい!という方は、先に自毛をハイブリーチするなどして脱色しておくと黒の色素を抜いてしまうので、明るい色を染めることができます。

ブリーチしておけば、黒髪に明るい色をつけられるので、髪全体を明るくカラーリングすることができるのです。ただ、この技は難易度が高いので、自宅では難しく美容院でのカラーリングの方がオススメとなります。

しかし、美しい色に仕上げられる市販品はかなり増えており、イメージよりも明るい印象を作ることができるカラー剤は増えていますので、ドラッグストアでぜひ探してみてくださいね。

明るい色のカラーリングについては、これで若返り!白髪が目立ちにくいカラーリング方法の記事で更に詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

白髪染めでオススメの明るい色

市販品で販売されている白髪染めで、しっかり明るい色に染められるのは、白髪染めとおしゃれ染めを絶妙なバランスで組み合わせたもの。かなり明るい茶色にすることができます。しかし、年齢相応で素敵に見えるオススメの色があるのはご存知でしょうか。

それは、明るい栗色のベージュブラウン・シフォンブラウン・オレンジブラウン。この色味は顔色をワントーン明るく見せると同時に上品な印象を作ることができるので、ツヤ感を保って明るすぎない知的なブラウンを選ぶことがオススメ!ただ明るくするカラーリングの難点は、髪質がキレイに見えないこと。美しい髪は、ツヤ感が大切。明るいけれど、ツヤ感を保てる色を選ぶことをオススメします。

染まりにくい根元や生え際にティッシュを貼る!

染まりにくい部分、特に根元や生え際は、ティッシュやコットンなどに残った染料をつけて、ぴったりと貼ることがオススメになります!これは、クリームと髪の毛がしっかりと密着して、薬剤を生え際などに浸透させることができるので、キレイに染めることができるようになるのです。

染料の塗り方は指や手はNG!コームやブラシを使うこと!

ヘアカラーを使用する際に、絶対にやっていけないのは指や手を使って塗ってしまうこと。染料が指や手についてしまった経験は誰しもあると思います。これを落とすのはかなり大変なんですよね。

もちろんすぐに洗い流せば落とすことは可能ですが、放置しておくと爪などが真っ黒になってしまい、除光液などで落とさなければならないなど、対処が大変になっていまいます。また、カラーを触った手で洗面所や周りを触ってしまうとそこにも染料がついてしまい、落とすのが至難の技になりますよね。

色がついてしまうという理由以外に、コームやブラシを使うべきなのは、手や指で生え際や根元などを染めてしまうと色ムラができやすくなってしまうため、美しく染めることができません。細かい部分までムラなくしっかり染めるにはコームやブラシを使っていくことをオススメします。ブラシは、髪の毛をとかすようにするだけでムラなくキレイに染められるので、ぜひ使用するようにしてくださいね!

ヘアキャップ・ラップをして温める

カラーリングを行う際の一番大切なポイントは、温度です。これは、カラー剤が「寒い環境だと染まりが悪い」から。ですので、室内の気温は、20〜30℃に保ちましょう。また染料の浸透性をより高めるために、カラーリング後の頭には全体にサランラップ巻き、しっかり保温していきます。サロンで使っているラップは基本的にサランラップと同じもの。保温効果で染まりやすさをアップすることができるので、ヘアキャップまたは自宅になければサランラップを巻いて保温することで、放置時間通りで染められます。

サッと流すよりももみ洗いながら流していく

ヘアカラーを自宅で行う際のポイントは、シャンプーでマッサージするよう揉み洗いすることです。カラーリングが終わった後のシャンプーはサッと流してしまう方が多いのですが、流す前に頭皮や髪をモミモミとマッサージするように洗うのがオススメです。

この作業は「乳化」と呼ばれる作業で、美容院では当たり前の作業。髪に残ってしまった「残留アルカリ」と呼ばれる髪ダメージの元を除去することができるんですよ!この乳化の一工夫によって色持ちが断然良くなるので、ぜひやってみてくださいね!

「根元を見ないで!」そんな心配していませんか?

白髪染め おすすめ ランキング今の白髪染めで満足していますか?白髪染めを定期的に行っても、次の白髪染めまで根元が気になってしまう・・・。

そんな心配ばかりでは心も晴れやかになりませんよね。

そんな心配を解決する方法はちゃんとあります。20代に白髪に悩んできた私もこれで一切気にならなくなりました♪

おすすめ白髪染めランキング

 

関連記事

白髪 遺伝

白髪の原因は遺伝だけじゃない!考えられる9つ原因

白髪染め パッチテスト

白髪染めをする前に必ずパッチテストを!しない場合に起こる大惨事

白髪 真っ白

頭が短期間で白髪で真っ白になることはある?急激なストレスとの関係

白髪 薬 副作用

白髪の原因に薬の副作用はある?どんな薬が影響する?

白髪 マスカラ

白髪隠しにはマスカラが便利!おすすめの白髪を隠せるマスカラ

白髪 年齢

白髪が生えてくる平均年齢は何歳?白髪を遅らせる方法は?