白髪が生えた時の手入れはやっていますか?正しい手入れ方法

白髪 手入れ貴方は自信を持って自分は白髪の正しい手入れを出来ると言えますか?例え染めたとしても白髪はどんどん生えてきます。白髪を染めるという行為は、あくまでも一時凌ぎに過ぎず、白髪が生えないようにする根本的な解決にはなりません。

白髪を元の黒髪に戻すには時間はかかりますが、正しく手入れをすることと、生活習慣の改善や食生活の改善が必要不可欠です。

そこで今回は、白髪が生えた時の正しい手入れの方法と、白髪を黒髪に戻す為にすべきことをご紹介します。白髪に悩んでいる人は是非参考にしてみてくださいね。

白髪が生えた時の正しい手入れ

白髪について勘違いしている人が多いですが、白髪は色素が抜けているだけで、決して髪が死んでいるわけではありません。その為、白髪になったからといって髪の毛の手入れをしなくても良いというわけではないのです。ここでは4つの白髪の手入れの方法をご紹介します。

白髪は抜いてはいけない!

黒髪に多少白髪が混じっている人は白髪を抜いて対処しようとしますが、白髪は決して抜いてはいけません。人の髪の色は毛根にある幹細胞のメラニン色素により決まります。

白髪が生えている毛根は、メラニン色素が足りない状態にあるのです。白髪を抜いたところで次は黒髪が生えてくることはないので根本的な解決にはなりません。

また、白髪を抜くことで頭皮に傷が付く恐れがあります。頭皮に傷がついてしまうと、そこから細菌が侵入して頭皮で炎症が起こるかもしれません。更に、髪を抜きすぎてしまうと「抜毛症」といって黒髪どころか白髪すら生えてこなくなる病気になることもあります。このようなことから白髪を簡単に抜いてはいけないのです。

血行を良くして栄養が届くようにする

身体が冷えていて血管が収縮していると血行が悪くなってしまいます。髪の毛に効率良く栄養を届ける為には、血行を良くすることが必要です。

血行を良くするには適度な運動が大切なので、ウォーキングのような有酸素運動をしましょう。すると、血の巡りが良くなり髪の毛にまで効率良く栄養が届くようになります。

また、煙草を吸っている人は煙草を止めましょう。煙草には血管を収縮させる作用があります。いくら運動をしたところで煙草を吸っていては意味がありません。

身体の内側からケアする

白髪になる原因の1つには、髪の毛にしっかりと栄養が運ばれていない可能性があります。前述のように血行を良くすることである程度は栄養が届くようになりますが、摂取している栄養自体が足りなければ話は別です。

髪の毛は細胞で出来ていますが、人間の身体の全ての細胞は血液によって運ばれた栄養をエネルギーに換えて生きています。髪の毛の細胞も例外ではないのですが、髪の毛は身体の中の臓器に比べると命に関わる部位ではありませんので、栄養が運ばれるのは後回しとなるのです。

摂取する栄養が足りていないと髪の毛にまで栄養が行かずにメラニン色素が死んでしまう為、白髪となってしまいます。この現象は、栄養の偏った食生活をしている人に多く見られるので、1日3食しっかりと栄養バランスの取れた食生活を送ることが必要です。

白髪に良い栄養については、もう増やさない!白髪予防に良い栄養が摂れる食べ物の記事で更に詳しく紹介しています。

頭皮を傷めない白髪染めを選ぶ

白髪染めは基本的に髪の毛や頭皮を傷つけてしまいます。出来るだけ髪の毛や頭皮を傷めない白髪染めを選ぶことが大切です。

カラースプレー

髪の毛の表面に塗料を吹き付けて使用します。髪の毛の奥まで成分が浸透せず、シャンプーで洗えば塗料は落ちるのでダメージは少ないです。

ヘアマニキュア

髪の毛のキューティクルだけを染めることが出来ます。こちらも髪の毛の奥には浸透しませんので、ダメージは少ないです。洗う度に徐々に塗料が落ちていき、3週間程度で元の白髪に戻ります。

白髪の手入れには以上の方法がありますが、出来るだけ白髪染めを使う時には頭皮へのダメージが少ないものを選ぶようにしましょう!次に頭皮に優しい白髪染めはどういったものが良いのかを詳しく紹介していきますね。

頭皮に優しい白髪染め

本来は出来るだけ白髪染めは使わない方が良いですが、頭皮に優しいと言われている白髪染めも多く販売されています。

ヘナ

ヘナとは西南アジアから北アフリカにかけて生えている草木で、古くから塗料として用いられてきました。一般の白髪染めは発色良く染まるので綺麗な黒髪になりますが、アンモニアなどのアルカリ性の成分が含まれているので、髪の毛や頭皮を傷めてしまいます。

一方でヘナを使った白髪染めは脱色を行わない為、明るい色には染まりませんが天然成分となるのでアルカリ性は含んでいません。髪の毛や頭皮を傷めることなく染色出来ます。

ヘアカラートリートメント

こちらは分類的にはヘアマニキュアになります。ヘアマニキュア同様に頭皮や髪へのダメージは少なく、髪の毛を傷つけることなく染色することが可能です。

ただ、デメリットとしては染色力はあまり強くなく、2週間か3週間程度で色落ちしてしまうこともあるので、継続的にトリートメントを使うことが大事です。維持し続けるには定期的な使用が欠かせませんが、自分のタイミングで元の髪質に戻せるということは、メリットとも言えるでしょう。

白髪を染めるなら間違いなくヘアカラートリートメントをおすすめしています。そんなおすすめのヘアカラートリートメントについて、もう悩まない!【白髪染め】本当におすすめできるランキング!の記事で詳しく理由などを解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ヘアシャンプー

こちらも分類的にはヘアマニキュアとなります。週に1回から2回、定期的に使うことで徐々に白髪を染めることが可能です。即効性はありませんが、周囲の人に白髪を染めていることが気づかれにくいといったメリットがあります。

定期的に使うものなので頭皮に優しい成分で作られていることが多いですが、中には化学成分が含まれたヘアシャンプーもあるので、購入の際は成分表をしっかり見ておきましょう。

上記のようなものは、頭皮に優しい白髪染めとなります。どうしても白髪を染めて隠す必要がある場合は、こういった白髪染めを使うのがおすすめです。

白髪は決して治らないことはありません。正しい手入れを行えば、1度白髪になった髪の毛でも黒髪に戻る可能性があります。白髪になったからと言って諦めずに、自分の生活を見直し白髪になった原因をしっかりと見極め、正しい手入れを根気よく続けることで白髪を黒髪に戻せるのです。

自宅でいつも白髪染めを行っている方は、頭皮への負担などを考えたことはありますか?いつも大丈夫でも、次は大丈夫ではないことが多数事例として起こっています。

白髪をきれいに染める方法とあわせて、白髪のヘアカラーを自宅でキレイに染める方法!白髪用と黒髪用の違いの記事で詳しく解説していますので、ぜひ白髪を染める際の参考にしてみてください。

「根元を見ないで!」そんな心配していませんか?

白髪染め おすすめ ランキング今の白髪染めで満足していますか?白髪染めを定期的に行っても、次の白髪染めまで根元が気になってしまう・・・。

そんな心配ばかりでは心も晴れやかになりませんよね。

そんな心配を解決する方法はちゃんとあります。20代に白髪に悩んできた私もこれで一切気にならなくなりました♪

おすすめ白髪染めランキング

 

関連記事

白髪 カラー

白髪のヘアカラーを自宅でキレイに染める方法!白髪用と黒髪用の違い

白髪 コラーゲン

白髪・薄毛の予防、対策にはコラーゲンが必須!?効率よく摂取する方法

白髪 真っ白

頭が短期間で白髪で真っ白になることはある?急激なストレスとの関係

白髪 回復

白髪は回復する!?キレイな黒髪に戻すためにできること

白髪 遺伝

白髪の原因は遺伝だけじゃない!考えられる9つ原因

白髪 30代

白髪は30代から増えてくる!30代に多い白髪の原因