白髪を茶髪・茶色に染めたい!白髪染めの暗い色に悩んでいるアナタへ

白髪 茶色 茶髪白髪が目立ってきたから、茶髪・茶色に染めたいと思っても、美容院で明るい茶髪にするのは難しいと言われたことありませんか?髪が暗めの色だと、たまには、明るい茶髪にしたいですよね。白髪を茶色に染めるのは無理と諦めてしまったアナタへ、白髪をしっかり茶色に染める方法をご紹介していきますね。

白髪は茶髪・茶色に染めることができる!

白髪を染めると髪色全体が暗い印象になりますが、明るい茶色に染めることはできます!まずは、白髪が明るい色に染まりにくい原因と美容室が明るい茶色に染めることを拒む理由からみていきましょう。

白髪が明るい色に染まりにくい原因

白髪を染める方の髪の毛すべてが白髪ではないですよね。ほとんどの場合、個人差はあるものの、黒髪の割合のほうが多いのではないでしょうか?結論から言うと、黒髪があるので、白髪を明るい茶色に染めることがむすかしいのです。

  • 黒髪を明るい茶色に染めることは可能
  • 白髪を明るい茶色に染めることも可能
  • 黒髪と白髪を同時に明るい茶色に染めることは難しい

では、黒髪があるとなぜ白髪を明るい茶色に染めにくいのかというと、白髪を染めることは、すなわち白髪を暗くすることなのです。

黒髪と白髪が混在するヘアスタイルで、「白髪を明るい茶色に染める」には、「黒髪を明るくすること」と「白髪は暗くすること」、この相反する2つのことを同時に行わなければなりません。それが難しいというわけです。

つまり、黒髪を明るい茶色にしようとするほど、白髪の方が染まりづらくなり、反対に白髪を暗く染めるようとするほど、黒髪の方が明るく染めづらくなるのです。白髪をしっかり染めると、黒髪が明るく仕上がらないので、白髪が明るい色に染まりにくいと言われるのです。

「明るい茶髪は難しい」と断る美容室も・・・

美容院で「明るい茶髪は難しい」と断られた方も多いと思います。白髪が部分的で、少なければ、カットの技術で白髪を取り除き、髪全体を染めて完成します。

例えば、白髪が髪の裏の方にだけ多く、その他はそれほど白髪がないというような場合には、髪の裏は白髪染めを使い、他の部分や毛先などはおしゃれ染めにして染め分けます。髪色をブリーチで抜いてから白髪染めで染める方法もありますが、髪にダメージが大きいので美容院では積極的に用いません。

結局、白髪染めで染める方法になりますが、白髪染めは色づけをしっかりとすることが目的ですから、染毛力が高いです。したがって、色の薄い白髪に濃い色を入れるという方法なので、どうしてもダークでちょっと重たいイメージに仕上がります。

以上の理由から、美容院では、白髪が多い人の場合、明るい茶色にすることを断るようです。

自宅でキレイに白髪を染める方法について、白髪のヘアカラーを自宅でキレイに染める方法!白髪用と黒髪用の違いの記事で更に詳しく解説しています。

白髪をしっかり茶髪に染める方法

必ず白髪染めを使う

白髪染めを使うと、髪が黒っぽくなるというのは、昔の話になったのかもしれません。今は各メーカーで明るいトーンの白髪染めが開発され、店頭に並んでいます。

白髪染めのトーン

ただし、明るいトーンほど白髪は染まりにくので、白髪をしっかり隠すには、7レベル以下くらいのトーンが少し低めくらいでちょうど良いそうです。

白髪染めの色

おすすめは、オレンジブラウン系です。この色合いは、白髪によく馴染み、顔色も明るく見えます。若い方に人気のあるアッシュ系、マット系といった色合いはスタイリッシュなイメージですが、くすんだ色合いなので髪もパサパサしているように見えやすく、顔色も暗くくすんで見えてしまいます。

白髪の量と髪質には要注意!

白髪も明るい茶色にしたいときには、白髪の量に注意しなければなりません。白髪の量が多い方は、イメージより明るく仕上がってしまう場合がありますので、白髪染めはワントーン暗めを選んで、しっかりと色づけしましょう。

髪質の違いで、染まりやすさも違います。細くて柔らかい髪質は、染まりやすく、太くて硬い髪質は染まりくいと考えられています。太くて硬い髪の方は、希望の色よりも、少し明るめの色を選ぶとよいでしょう。

白髪染めとおしゃれ染めのダブルカラー(美容院)

部分的な白髪は白髪染めを使い、黒髪はおしゃれ染めを使うという2つの液剤を使う方法ですが、高度な技術が必要です。白髪の割合や量、位置によっては面倒な作業になりますから、セルフはおすすめできません。

プロの美容師なら、経験と知識により、頭髪の仕上がりをイメージして、2種類のカラーが全く分離しないように、グラデーションを計算しながら塗り分けていきます。技術的にこの方法ができる美容院ならば、このダブルカラーが白髪も隠せて、自分の好きな色に染められる唯一の方法です。美容師の方に相談してみるとよいでしょう。

ところで、このダブルカラーは美容院で行われるプロの美容師によるテクニックです。市販のおしゃれ染めと白髪染めは、一緒に使うように開発されてはいません。したがって、素人がセルフでダブルカラーをやることは絶対にやめてください。

おしゃれ染めとヘアマニュキアの2ステップカラー

白髪はまず無視して、一度明るい色で染めます。つぎに、茶色のヘアマニュキアを使ってコーティングすることで白髪を隠します。2段階でカラーリングするので、白髪にも色が入れられ、ヘアマニュキア効果でツヤツヤした髪に仕上がりますよ。

白髪が改善したという人もいるのですが、もし改善するのだとしても短期間では改善が難しいので見た目を気にするなら白髪染めをするのが一番です。

白髪染めは特に定期的にすることになると思うので、できるだけ頭皮や髪に優しいものを使うようにしましょうね。

白髪染めをするときに、気をつけたいのが肌荒れなど頭皮や紙のトラブルです。そうならないためにも、白髪染めで肌荒れに気をつけて!肌が弱い人の対処法の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

「根元を見ないで!」そんな心配していませんか?

白髪染め おすすめ ランキング今の白髪染めで満足していますか?白髪染めを定期的に行っても、次の白髪染めまで根元が気になってしまう・・・。

そんな心配ばかりでは心も晴れやかになりませんよね。

そんな心配を解決する方法はちゃんとあります。20代に白髪に悩んできた私もこれで一切気にならなくなりました♪

おすすめ白髪染めランキング

 

関連記事

白髪 再生

白髪は再生して黒髪になることはある!?黒髪への希望

白髪 コラーゲン

白髪・薄毛の予防、対策にはコラーゲンが必須!?効率よく摂取する方法

白髪 栄養

もう増やさない!白髪予防に良い栄養が摂れる食べ物

白髪 亜鉛

白髪は亜鉛で改善できる!?亜鉛と髪の毛の関係

白髪 カラーリング

これで若返り!白髪が目立ちにくいカラーリング方法

白髪 抜く

白髪は抜くと増えるは間違い!抜いてはいけない本当の理由とは